047-356-5081
対応時間
平日午前9時30分~午後6時
定休日
土・日・祝

※ 事前予約で休日・時間外も対応可能

住宅取得等資金の贈与|必ず押さえておくべき注意点とは/さくら税理士事務所

さくら税理士事務所 > 贈与・生前対策 > 住宅取得等資金の贈与|必ず押さえておくべき注意点とは

住宅取得等資金の贈与|必ず押さえておくべき注意点とは

お子さまが住宅を購入する際に、住宅購入費用の補助をすることもあるかと思いますが、親族間のお金の贈与でももちろん贈与税の課税対象になります。

しかし、住宅取得にかかる費用の補助、贈与に関しては「住宅取得資金贈与」で贈与税を非課税にすることが可能になります。

住宅取得資金贈与を活用した贈与の条件や注意点については以下の通りです。

 

■住宅取得資金贈与の条件
直系尊属(ご両親や祖父母)から住宅取得のための資金の贈与を受ける際には、一定金額までであれば非課税で贈与を受けることが出来ます。一人当たり最大1000万円の非課税枠があります。一般的に1000万円を贈与するとなると基礎控除の110万円を除いて890万円に贈与税がかかり約230万円の贈与税が課税されることになります。そのため、この住宅取得資金贈与は節税としても非常に有効な手段になります。

条件としては令和5年12月31日までの期間限定ではありますが、直系尊属からの贈与であること、新築取得もしくは増改築をした場合に受けることが可能になります。この他にも贈与を受けた方が18歳以上であること、この贈与を受けた方の所得が2000万円以下であること、必ず贈与税の申告を行うことという条件があります。またこの住宅取得資金贈与は毎年の贈与の非課税枠である暦年贈与(110万円)の枠とは別であるため、同時に適用することも可能です。

 

■住宅取得資金贈与の注意点
住宅取得資金贈与を受ける際の注意点は以下の通りです。

 

・必ず贈与税の申告を行うこと
贈与税が非課税になるからといって贈与税の申告を行わないことはあってはなりません。必ず非課税でも適用を受ける場合には贈与税の申告を行いましょう。

 

・必ず贈与契約書を作成して用途を記載すること
贈与契約書を作ることによって税務調査の対策やトラブル防止が出来ます。また必ず住宅取得資金贈与を受けるために住宅費用として贈与したことを明確にしましょう。そして贈与を受けた方は必ずその資金を住宅取得に使うようにしましょう。

 

住宅取得資金贈与に関することはお気軽に当事務所までお問い合わせください。

さくら税理士事務所が提供する基礎知識

  • 創業融資を税理士に依頼す...

    創業融資制度では、もし一度でも審査に落ちてしまうと、再審査を受けるまでに一定期間(半年程度)を要してしまいます。それに加...

  • ベンチャー企業やスタート...

    ベンチャー企業やスタートアップ企業においては、資金の不足などが懸念されます。そのため、ベンチャー企業やスタートアップ企業...

  • 税務調査が入る個人事業主...

    個人事業主であれ、法人であれ、事業を行っていると、税務署から税務調査が入る可能性があります。確率としては、個人事業主の場...

  • 源泉所得税納付書の作成

    従業員の給与を支払うにあたって、所得税や住民税、社会保険料などをあらかじめ天引きして給与を支払います。このうち所得税を天...

  • 税務調査の立会い

    税務調査では、帳簿等をチェックし決算書・申告書が適切で、納めるべき税金を納めているかということを確認します。税務調査は、...

  • 資金調達の種類や方法

    資金調達の中でも一般的なのは民間金融機関、特に銀行からの融資です。同じ資金調達でも銀行融資には種類があります。①証書貸付...

  • 年末調整

    「年末調整」とは、従業員から毎月源泉徴収して納めた所得税と実際に納付するべき所得税の過不足分を求め、その差額を徴収または...

  • 決算・法人税申告

    法人では、決算期には決算書を作成し、この決算書をもとに、税務申告を行います。 決算書は、税務申告の基礎となるの...

  • 創業計画書の作成

    日本政策金融公庫の創業計画書を重視して融資審査を行っているため、キチンとした計画書を作らなければ審査を通過することは簡単...

  • 税理士の顧問契約が必要な...

    税理士は税務顧問サービスを行っていますが、どのような場合に税務顧問が必要になってくるのでしょうか。税務顧問を置くことによ...

よく検索されるキーワード

料金表

法人

月次顧問契約(自計化分監査)

月額顧問料(※1) 決算料(※2)
20,000 ~ 100,000 100,000 ~ 400,000

※1.売上規模、訪問・打合せの頻度、請求書・領収書の枚数、通常の行数等を基準として算出します。

※2.消費税の申告がある場合は+1か月分、支店等ある場合も+1か月分となります。

月次顧問契約(記帳代行含む)

上記(自計化)料金に、月額顧問料10,000円~50,000円を加算いたします。

年一決算 150000~

個人

月次顧問契約(自計化分監査)

月額顧問料(※1) 決算料(※2)
15,000 ~ 50,000 30,000 ~ 100,000

※1.売上規模、訪問・打合せの頻度、請求書・領収書の枚数、通常の行数等を基準として算出します。

※2.消費税の申告がある場合は+1か月分となります

月次顧問契約(記帳代行含む)

上記(自計化)料金に、月額顧問料10,000円~30,000円を加算いたします。

年一確定申告

事業所得・不動産所得 50000~
不動産譲渡所得 80000~
株譲渡・配当所得、住宅ローン控除、
医療費控除、二か所給与など
別途お見積り

※法人・個人ともに、創業時の料金は、上記に関わらず割引も相談に乗ります。

会社設立

株式会社設立登記(提携司法書士紹介) 30万前後
合同会社設立登記(提携司法書士紹介) 13万前後
印鑑作成 15,000~

融資

別途お見積り

相続

相続税申告

基本料金 100000…①
財産評価料金 評価額×0.5%…②
相続人数加算 (①+②)×10%(法定相続人1人あたり)
土地・株式評価加算 別途お見積り

相続手続

謄本取得等手続支援、金融機関手続支援、
遺産分割協議書作成
別途お見積り
不動産登記、遺産分割協議 提携士業紹介

贈与・生前対策

生前相続対策

相続税額試算、遺言書作成 別途お見積り

贈与税申告

贈与財産による 別途お見積り

事務所概要

事務所名 さくら税理士事務所
代表者 佐藏 利史 (さくら としふみ)
所在地 〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前2丁目16-2東亜興産ビル3階
電話番号/FAX番号 TEL:047-356-5081 / FAX:047-413-0571
対応時間

平日 午前9時30分~午後6時

※ 事前予約で時間外も対応可能です

定休日

土・日・祝

※ 事前予約で休日も対応可能です

税理士
佐藏 利史(さくら としふみ)
所属団体・資格等
千葉県税理士会市川支部所属 登録番号 第132869号
略歴
1974年2月 鳥取県米子市生まれ
1992年3月 鳥取県立米子東高校 卒業
1997年3月 早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業
1997年4月 大手食品専門商社(東京都中央区)入社 本社経理部所属
2005年8月 中堅食品専門商社(鳥取県)入社 総務部所属
2010年9月 都内会計事務所に入所(以後3事務所にて実務経験)
2015年12月

税理士試験官報合格

簿記論・財務諸表論・法人税・消費税・相続税合格

2016年7月 税理士登録
2017年7月 現在地にて、さくら税理士事務所を開業
2017年10月 経済産業省より 経営革新等支援機関に認定
好きな言葉

意志あるところに道は通ずる

Where there is a will,there is a way.

趣味
野球観戦(ヤクルトスワローズファン)
セミナー実績
  • 初心者のための確定申告説明会(事業所得者向け)…顧問先にて
  • 本当の節税とは…市川商工会議所青年部にて
  • 相続の税金に関する基礎知識…市川商工会議所にて
  • 消費税転嫁対策セミナー…顧問先にて

ページトップへ