047-356-5081
対応時間
平日午前9時30分~午後6時
定休日
土・日・祝

※ 事前予約で休日・時間外も対応可能

住宅 資金 贈与 非課税/さくら税理士事務所

さくら税理士事務所 > 贈与・生前対策に関するキーワード > 住宅 資金 贈与 非課税

住宅 資金 贈与 非課税

  • 相続税の節税について

    個人でも簡単に行える相続税の対策としては、生前贈与を活用する方法や 、生命保険を活用する方法が考えられます。 ・生前贈与を活用する方法生前贈与には贈与税がかかりますが、1月1日~12月31日の1年間に一人あたり110万円以内の贈与を受ける場合には贈与税は非課税となります。この非課税制度を利用して毎年贈与を行い、将...

  • 住宅取得等資金の贈与|必ず押さえておくべき注意点とは

    お子さまが住宅を購入する際に、住宅購入費用の補助をすることもあるかと思いますが、親族間のお金の贈与でももちろん贈与税の課税対象になります。しかし、住宅取得にかかる費用の補助、贈与に関しては「住宅取得資金贈与」で贈与税を非課税にすることが可能になります。住宅取得資金贈与を活用した贈与の条件や注意点については以下の通...

  • 自己資金とは

    創業融資制度を利用するためには自己資金が重要となります。自己資金の金額は、日本政策金融公庫の新創業融資制度や自治体の制度融資を利用する際に重点的にチェックを受けます。もし、自己資金の金額に問題性や不備があった場合には、融資を受けられない可能性が大いにあるのです。 自己資金は多ければ多いほど良いものです。なぜなら、...

  • 贈与税の課税対象

    贈与税の課税対象は、基本的には「金銭に見積ることができる経済的価値のある全てのもの」とされています。 ・贈与の有無 例えば、土地の名義を親から子へと変更した場合などは、民法上の贈与として認められるかは明らかではありません。しかしこの場合も、税負担の公平という観点から、財産の移転が推定されて課税されます。 ・みなし...

  • 節税対策のご相談

    節税とは、課税のベースとなる利益を効果的に減らることや非課税になる制度・税制の特例などを用いることで税金の額を減らすことを言います。所得税や法人税などでは節税方法を効果的に利用することによって、毎年の税金の負担を軽くすることが出来ます。 節税対策を行うことで、税金を減らして使える資金を増やすことが出来ますが、利益...

  • 会社設立の流れ

     まず①商号②事業目的③本店所在地④資本金や出資金の額⑤事業年度(決算月)⑥役員などを決定します。出資者(株式会社の発起人・合同会社の社員など)が自分以外にも複数いる場合はこれらの事項は全員の同意によって決定します。このとき、発起人・社員、取締役候補者の全員の印鑑証明書を取得しておきましょう。この後の手続きで必要...

  • 合同会社とは

    また、株主は原則として株式を譲渡する方法以外で株主を辞めることはできませんが、合同会社の社員は退社という手続きをとることで、会社から出資金を返還してもらい社員を辞めることができます。 ■合同会社の特徴~組織~ 株式会社は所有と経営が分離した会社を想定して作られた制度です。したがって、取締役の設置が義務づけられてお...

  • 資本金の決め方

     資本金とは会社の運営資金です。創立から開業準備費用や、売上が入金されるまでの仕入代金や先行する経費の支払等、資本金を用いて行うことになります。加えて資本金は対外的に会社の体力を示すバロメーターとしても機能します。 ■資本金の最低額 法律上は資本金が1円であっても会社を設立できます。ただ、実際にはそれでは会社を運...

  • 創業融資とは

    会社を興したり、個人事業主としてビジネスをはじめるなど起業に際し、運転資金や設備資金を他者から融資して貰うことを「創業融資」といい、親族や友人、銀行などの金融機関を利用して資金を調達することになります。 しかし、起業に関しては、経営実績がないので、銀行から融資を受けることは簡単ではありません。 そうした状況下でも...

  • 信用保証協会とは

    信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者の資金調達を支援するために設立された公的機関のことです。昭和28年に施行された信用保証協会法という法律に基づいて成立しています。 一般的に、中小企業・小規模事業者が資金調達を行う際は、なかなか金融機関から融資を受け付けることができません。銀行などの金融機関からすれば、返済の...

  • 創業融資の流れ

    どういった動機で創業したのか、いくら資金が必要なのか、その使途は何なのかなど、いくつも質問が投げかけられるので的確に返答できるように準備しましょう。 面談が終了すると、追加資料の作成・提出や事務所の実地調査などが行われ、面談実施日から2週間程度で結果の通知がされます。 日本政策金融公庫の創業融資制度は、申込から融...

  • 創業融資の申込みに必要な書類

     客観的に自身の事業が成功することを示す必要があります。他には、申込人の印鑑証明書や登記簿謄本、資金繰り表に通帳のコピーなどが必要になります。どれか一つでも欠けていると、申込を受け付けてもらえませんので十分に注意しましょう。 創業融資をお考えの方は、ぜひ経験豊富なさくら税理士事務所までご相談ください。

  • 生前対策

    ■相続税の節税  相続税の節税の方法としては、生前贈与を行うことが挙げられます。もっとも、一口に生前贈与といっても、課税方式には「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」の2種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。 生前対策をお考えの方は、ぜひ経験豊富なさくら税理士事務所までご相談ください。

  • 贈与税のしくみ

     贈与税は、「相続税の補完税」と言われています。これはどういうことかと言うと、相続税は相続発生時に課税されるものであることから、相続税を回避するためには、生前に贈与してしまえば良いことになり、相続税が無意味になってしまいます。したがって、贈与税には、相続税の対象にならない生前の贈与に課税して、相続税の減少を補うと...

  • 相続に関する相談はさくら税理士事務所にお任せください

    さくら税理士事務所では、税務相談や会計業務を幅広く取り扱っておりますが、相続・贈与に関しては、より重点を置いて取り組んでおります。 相続に関しては、遺言の問題・遺産分割の問題・相続税の問題など、個人が単独で行うことが簡単でない面がいくつもあります。親族の人間関係的な面でも、経験豊富な専門家の助力が、説得力を持って...

  • 税理士の顧問契約が必要なケースは?

    また、経営者の悩み事は、売上や利益だけにとどまらず、資金のこと、設備投資のこと、従業員のことや家族のこと等挙げればキリがありません。そんな経営者の悩み事すべてに耳を傾けます。その中で、顧問料との兼ね合いもありますが、ニーズに合ったできる限りのサポートをいたします。税務調査が入る場合も、顧問契約を結んでいただければ...

  • 贈与に関する相談はさくら税理士事務所にお任せください

    さくら税理士事務所では、税務相談や会計業務を幅広く取り扱っておりますが、相続・贈与に関しては、より重点を置いて取り組んでおります 贈与に関しては、日本では申告課税制度を採用していることから、納税者が自ら税務署に申告し、納税しなくてはなりません。贈与税の課税対象財産にあたるのか否かの判断や、申告の手続きに関しての事...

  • ベンチャー企業やスタートアップ企業が融資を受けるには

    ベンチャー企業やスタートアップ企業においては、資金の不足などが懸念されます。そのため、ベンチャー企業やスタートアップ企業においては、融資を受けることによって事業の発展や拡大を行っていくことになります。その際に、利用できるものとして、「日本政策金融公庫の融資」や「補助金」、「助成金」、「民間金融機関による融資」など...

  • 資金調達の種類や方法

    資金調達の中でも一般的なのは民間金融機関、特に銀行からの融資です。同じ資金調達でも銀行融資には種類があります。①証書貸付②手形貸付③手形割引④当座借越 などです。 ①証書貸付は金銭消費貸借契約書を銀行との間で締結する、長期の借入を行うときに向いた方法です。 ②手形貸付は銀行宛の約束手形を振り出す、証書貸付に比べて...

  • 中小企業向けの資金繰り方法

    中小企業向けの資金繰り方法は、銀行融資に限られません。さまざまな方法があるうちのいくつかをご紹介します。 ①銀行以外の金融機関や助成制度銀行を始めとする一般的な金融機関の他に、商工会や日本政策金融公庫にもさまざまな融資制度が展開されています。また、融資に限らず、中小企業向けの補助金や優遇制度は多く存在するため、外...

  • 市川市の相続に関するご相談はさくら税理士事務所へ

    資産を購入するにも、生前贈与を行うにも、入念な計画や長期の時間を要する節税対策が多いです。 相続に関する相談は、事前に専門家に相談することをおすすめします。特に相続税の対策は、税の専門家である税理士に相談し、現在の資産状況から利用するスキーム、何年程度かけて何をしていくのかを決めていくことが相続税対策の最適解と言...

  • 相続税の配偶者控除について

    これは、相続法上設けられた特例であり、配偶者が被相続人の財産を相続する際に、1億6000万円または法定相続分相当額のどちらか高い金額の方までの財産については相続税が控除され非課税となるという制度です。そのため、相続財産が1億6000万円または法定相続分相当額のどちらかの範囲内であれば相続税はかからないこととなりま...

  • 税務調査が入る個人事業主の共通点

    税務・会計顧問業務のほかにも、会社設立、融資、相続、贈与・生前対策など、さまざまなご相談を受けています。個人のお客様、法人のお客様それぞれから依頼をいただいております。お困りの際は、さくら税理士事務所にご連絡ください。お待ちしております。

  • 土地の相続税はいくら?

    税務・会計顧問業務のほかにも、会社設立、融資、相続、贈与・生前対策など、さまざまなご相談を受けています。個人のお客様、法人のお客様それぞれから依頼をいただいております。お困りの際は、さくら税理士事務所にご連絡ください。お待ちしております。

さくら税理士事務所が提供する基礎知識

  • 資本金の決め方

    ■そもそも資本金とは 資本金とは会社の運営資金です。創立から開業準備費用や、売上が入金されるまでの仕入代金や先行する経費...

  • 節税対策のご相談

    節税とは、課税のベースとなる利益を効果的に減らることや非課税になる制度・税制の特例などを用いることで税金の額を減らすこと...

  • 土地の相続税はいくら?

    家族が亡くなり財産を相続する場合、一定の金額以上を相続すれば、相続税が発生します。相続した財産の額が大きければ大きい程、...

  • 会計ソフトの導入支援

    近年、確定申告や法人税申告のための帳簿作成をクラウド上で行うことが可能になってきております。今までの紙での入力とは違って...

  • 個人事業の開業にかかる費...

    個人事業を行う際には、開業費用や個人事業を行うための手続きが必要になります。個人事業を開業する際に必要な流れを解説してい...

  • 設立形態のご相談

    ■会社の種類によるメリットとデメリット 株式会社の代表的なメリットは、社会における知名度・信頼度の高さです。株式会社であ...

  • 自己資金とは

    創業融資制度を利用するためには自己資金が重要となります。自己資金の金額は、日本政策金融公庫の新創業融資制度や自治体の制度...

  • 税務調査が入る個人事業主...

    個人事業主であれ、法人であれ、事業を行っていると、税務署から税務調査が入る可能性があります。確率としては、個人事業主の場...

  • 創業融資の申込みに必要な...

    創業融資の申込に際して必要となる書類の一つ目は、借入の申込書となります。これは、日本政策金融公庫の窓口やホームページから...

  • 記帳代行・給与計算

    記帳代行とは、会計ソフトへの入力業務を税理士に依頼して代行してもらうことを言います。 会計ソフトへの入力は決算...

よく検索されるキーワード

料金表

法人

月次顧問契約(自計化分監査)

月額顧問料(※1) 決算料(※2)
20,000 ~ 100,000 100,000 ~ 400,000

※1.売上規模、訪問・打合せの頻度、請求書・領収書の枚数、通常の行数等を基準として算出します。

※2.消費税の申告がある場合は+1か月分、支店等ある場合も+1か月分となります。

月次顧問契約(記帳代行含む)

上記(自計化)料金に、月額顧問料10,000円~50,000円を加算いたします。

年一決算 150000~

個人

月次顧問契約(自計化分監査)

月額顧問料(※1) 決算料(※2)
15,000 ~ 50,000 30,000 ~ 100,000

※1.売上規模、訪問・打合せの頻度、請求書・領収書の枚数、通常の行数等を基準として算出します。

※2.消費税の申告がある場合は+1か月分となります

月次顧問契約(記帳代行含む)

上記(自計化)料金に、月額顧問料10,000円~30,000円を加算いたします。

年一確定申告

事業所得・不動産所得 50000~
不動産譲渡所得 80000~
株譲渡・配当所得、住宅ローン控除、
医療費控除、二か所給与など
別途お見積り

※法人・個人ともに、創業時の料金は、上記に関わらず割引も相談に乗ります。

会社設立

株式会社設立登記(提携司法書士紹介) 30万前後
合同会社設立登記(提携司法書士紹介) 13万前後
印鑑作成 15,000~

融資

別途お見積り

相続

相続税申告

基本料金 100000…①
財産評価料金 評価額×0.5%…②
相続人数加算 (①+②)×10%(法定相続人1人あたり)
土地・株式評価加算 別途お見積り

相続手続

謄本取得等手続支援、金融機関手続支援、
遺産分割協議書作成
別途お見積り
不動産登記、遺産分割協議 提携士業紹介

贈与・生前対策

生前相続対策

相続税額試算、遺言書作成 別途お見積り

贈与税申告

贈与財産による 別途お見積り

事務所概要

事務所名 さくら税理士事務所
代表者 佐藏 利史 (さくら としふみ)
所在地 〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前2丁目16-2東亜興産ビル3階
電話番号/FAX番号 TEL:047-356-5081 / FAX:047-413-0571
対応時間

平日 午前9時30分~午後6時

※ 事前予約で時間外も対応可能です

定休日

土・日・祝

※ 事前予約で休日も対応可能です

税理士
佐藏 利史(さくら としふみ)
所属団体・資格等
千葉県税理士会市川支部所属 登録番号 第132869号
略歴
1974年2月 鳥取県米子市生まれ
1992年3月 鳥取県立米子東高校 卒業
1997年3月 早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業
1997年4月 大手食品専門商社(東京都中央区)入社 本社経理部所属
2005年8月 中堅食品専門商社(鳥取県)入社 総務部所属
2010年9月 都内会計事務所に入所(以後3事務所にて実務経験)
2015年12月

税理士試験官報合格

簿記論・財務諸表論・法人税・消費税・相続税合格

2016年7月 税理士登録
2017年7月 現在地にて、さくら税理士事務所を開業
2017年10月 経済産業省より 経営革新等支援機関に認定
好きな言葉

意志あるところに道は通ずる

Where there is a will,there is a way.

趣味
野球観戦(ヤクルトスワローズファン)
セミナー実績
  • 初心者のための確定申告説明会(事業所得者向け)…顧問先にて
  • 本当の節税とは…市川商工会議所青年部にて
  • 相続の税金に関する基礎知識…市川商工会議所にて
  • 消費税転嫁対策セミナー…顧問先にて

ページトップへ